キャッシュレス導入、一番簡単なのはQR決済!導入方法やキャッシュレス種類もまとめました

決済

政府によるキャッシュレス決済の後押しや、お客様にとってもお得感が多く、またコロナウイルス感染拡大防止によるキャッシュレス化が増えています。

これまでずっと現金払いで十分だった方や、キャッシュレス決済に興味があり、導入を検討している方向けに、キャッシュレス決済のメリットや、その中でも導入しやすく導入費用がお手軽なQRコード決済について紹介します。

キャッシュレス導入によるメリット

決済機能のメリットは、

  1. 店頭での会計が不要
  2. ポイント獲得やキャッシュバックによるお客様へのお得感
  3. 売上管理が簡単

以上のようなものが挙げられます。

次に、各メリットについてご説明させていただきます。

店頭での会計が不要

店頭でのお支払いが不要になります。そのため、手作業での会計業務に比べて会計のミスが少ないことや、お客様との接触が不要なので、コロナ感染予防にも繋がります。

美容院をはじめとするサービス業では、予約時に決済ができると、無断キャンセル防止や、会計業務の負担軽減にも繋がります。

近年増えているオンラインレッスンやオンラインセミナーなどにおいても、集金方法としてオンライン決済があると非常に便利です。

ポイント獲得やキャッシュバックによるお客様へのお得感

政府によるキャッシュレス決済の後押しや、スマホ決済サービスを中心に盛り上がっているキャッシュバックキャンペーンや、決済サービス各社のポイント付与キャンペーン等により、現金払いよりもキャッシュレス決済を好むお客様が急増しています。

お客様によっては現金払いのみ対応の店舗よりも、キャッシュレス決済が可能な店舗を選ぶ方もおり、支払い可能な決済の種類が多いほど、集客にも繋がることがわかっています。

売上管理が簡単

現金払いの場合、閉店後のレジ締めなどで支払い額と買い上げ商品との照合をして、売上金の誤差の管理などをしなければならず、レジでの釣り銭ミスなどがあると、売上金計上に時間や手間をとられてしまうことも多々あります。

しかし、キャッシュレス決済であれば、先述したように、釣り銭ミスを減らすことができ、POSレジと連携すれば、何を購入し、いくらで販売したのかなどを、システムが自動で記録しておいてくれるので、売上管理がとても簡単になります。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済の代表的なものをまとめました。

  • 電子マネー
    • Suica
    • Edy
    • iD など
  • QRコード
    • PayPay
    • LINE Pay
    • 楽天Pay など
  • クレジットカード
    • Visa
    • MasterCard など

気になる導入費用は?

決済方法によっては、専用端末が必要であったり、それぞれの決済にかかる決済手数料(支払い時の会計金額から決済サービス会社へ支払う手数料)が変わってきます。

かかる費用の種類電子マネーQR決済クレジットカード
決済用スマホ・タブレット端末1万〜十数万円不要
(必要な場合もあり)
1万〜十数万円
決済用端末0〜数万円不要0〜数万円
ネット通信設備数千円〜数千円〜数千円〜
決済手数料3.24~3.74%0~3.74%3.24~3.74%

決済用スマホ・タブレット端末に、決済サービス会社が提供しているアプリケーションを入れる必要がある場合があり、それぞれのサービスが対応している端末が限られている場合があるため、端末購入の際は、導入しようと考えているサービスの対応端末を確認しておきましょう。

決済用端末については、カードを読み込む端末や、電子マネーのような非接触で読み込める端末が必要になります。こちらも、決済サービス会社によっては、プランの違いなどで端末を無料で貸し出ししてくれる場合もありますので、確認してみましょう。

キャッシュレス決済では、ネット通信を利用して決済を行います。そのため、wifi等の通信設備が必ず必要になります。

決済手数料は3%代が多く、近年はQRコード決済サービスの競争により、QRコード決済サービスによっては、決済手数料が無料だったり、かなり安くなっている場合もあります。こちらも各社の決済手数料を確認し、お得なものを選ぶと良いでしょう。

簡単にできるキャッシュレス導入方法はこれ!

様々な決済方法がありますが、この中でももっとも簡単に導入できる決済方法を用いて導入する方法を紹介します。

一番簡単なのはQRコード決済導入!

QRコード決済であれば、特別な端末の用意が必要なく、自店のQRコードを印刷して店頭に置くだけで良いので、初期導入費用が必要ありません。

お客様にQRコードを読み取っていただき、会計の金額を入力してもらえば決済が完了します。

QRコード決済導入方法

  1. 各社サービスのホームページから、「加盟店に申し込む」を選択
  2. 申し込み時に審査を受ける
  3. 審査が通ったら、サービス会社から送ってもらった詳細な導入方法や利用開始までの流れに沿って行う
  4. 必要があれば端末やアプリの導入、QRコードの設置をして完了

まとめ

今回は、QRコード決済の導入方法を紹介しました。

キャッシュレス決済の導入にハードルを感じている方も、手始めにQRコード決済を導入してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました