【エステサロン向け】未成年のお客様で注意するべきポイント

エステサロン向けの未成年のお客様で注意するポイント ノウハウ

未成年のお客様がエステサロンで施術を受けることが増える中、保護者の同意や施術の対象年齢などについて注意することが必要です。本記事では、未成年のお客様に対するエステサロンのルールやトラブルに対処する方法などについて解説します。

法律上のルール上では、「基本的に親の同意が必要」

未成年者がエステサロンで契約をする場合、親の同意が必要です。

エステサロンは未成年のお客様が来店する場合、両親の同意書を持参してもらうか、親と一緒に来店するようにしていただく必要があります。

また、2022年4月から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることになりました。

そのため、18歳未満の人は未成年者とされ、未成年者は知識や経験が少ないため、法律上保護されます。未成年者がエステサロンで契約をする場合は、親の同意が必要ですので、親の同意なしで受けたエステサービスの場合、未成年者は契約を取り消し、代金を返還請求することができます。

未成年者のエステ契約で「保護者の同意が必要ない」場合もある

前述の通り、2022年4月から成人年齢が18歳になります。18歳未満の人は未成年者とされ、未成年者は知識や経験が少ないため、法律上保護されます。

未成年者がエステサロンで契約をする場合は、親の同意が必要です。親の同意なしで受けたエステサービスの場合、未成年者は契約を取り消し、代金を返還することができます。

未成年者の取消権には例外もあります。保護者からもらったお小遣いなど、未成年者が自由に処分してよいとされたお金は、自由につかうことができます。

自由に処分してよいとされたお金の金額は明確ではないが、中高生のお小遣い1万円程度と考えるとよいでしょう。

エステサロンのサービスで考えると、1万円以内の初回お試しであれば未成年者でも契約できるでしょう。一方、総額で数万円以上になる複数回コースであれば未成年者は保護者の同意が必要です。

未成年者に施術をすることは違法ではありませんが、高額なエステティックサービスを未成年者が受ける場合は、保護者の同意書をもらうなどのルールを設定しておくことが大切です。

エステサロンが用意すべき「未成年向けの同意書」とは? 

未成年者に高額なエステティックサービスを提供するときは、保護者の同意書を見せてもらうルールを設定することが必要です。

同意書を見せてもらうことを怠った場合、保護者から契約をキャンセルする申し出がある可能性があります。

民法上では、未成年者の契約での取消権があり、サロンは代金を返還する必要があります。未成年者は現存利益が残っていない場合は何も返還する必要がないということになります。

保護者の同意書に記載すべき内容とは?

エステサロンの未成年者との契約で必要になる保護者の同意書には、どのようなことを記載すればよいでしょうか?

同意書には以下のような内容を記載するべきだと言われています。

  • エステティックサービスの種類・金額・対象年齢
  • 未成年者の氏名・住所を記載
  • 「未成年者が当該サービスを受けることに同意します。」という趣旨の文言を入れ、保護者の署名欄を設ける
  • 署名欄には、保護者の氏名・住所と署名の日付を記載
  • クレームにつながりやすい項目については、注意事項を記載

同意書以外のエステサロンにおける未成年のお客様向けルール 

施術に関するクレーム対策

施術によるトラブルは、未成年者に限らず発生する可能性があります。

特に未成年者は肌が敏感なため、施術時には特に注意が必要です。

明確なトラブル以外にも、施術に過失があった場合や未成年者の不満の場合も、保護者からクレームを受ける可能性があります。

事前に施術内容や種類ごとの対象年齢を設け、トラブルに対してはリスクレベルに応じた対応をマニュアル化することが望ましいです。

勧誘に関するクレーム対策

未成年者は知識や経験が乏しく、契約時の判断能力が未熟であるため、高額なエステティックサービスの勧誘に対して断れない場合があります。

消費者保護の観点から、5万円を超えるエステティックサービスの契約は契約書面を受け取った日から8日間はクーリングオフの対象となります。

そのため、保護者がエステティックサービスの契約を解除するために、クーリングオフや中途解約の申し出がサロンに寄せられる可能性があります。

未成年者に対する勧誘は消費者トラブルにつながるため、サロンも勧誘のルールを決めることが必要でです。

未成年者に対して高額なエステティックサービスの勧誘を行わないなどのサロンのルールを設けることは、保護者のクレームなどのトラブルを防止することにつながります。

未成年者へのルールを設定しよう

SNSの普及により、未成年者もエステサロンに興味を持ち通う時代になりました。

そのため、エステサロンは、対象年齢を定め、未成年者への施術をお断りすることを含め、未成年者のお客様に対する方針を決めることが必要です。

未成年者の施術を行う前に、ルールを設定することが未成年者や保護者とのトラブルを防ぐことにつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました