マッサージ屋の開業に資格は必要?【要チェック】

業種別

マッサージやリラクゼーションは色々な業種の中で、比較的独立しやすい業種の一つです。近年さらに独立・開業のしやすさは上がっており、新規開業を検討される方は増えております。
今回はそんなマッサージ屋の新規開業を検討されている方向けに、開業するのに一体どのような資格が必要なのかについて解説していきます。この記事が、開業を検討されている方の参考になれば幸いです。

マッサージに必要な資格とは?

マッサージ師は、正確には「あん摩マッサージ指圧師」のことを指します。
エステティシャンや、もみぐしなどを行う人は、あん摩マッサージ指圧師の資格を持っていない限りは、マッサージ師と名乗ることは出来ません

この資格は、国家資格でありマッサージが出来る数少ない資格の1つになります。
ちなみに医師免許を持っている人もマッサージが可能です。
エステティシャンなどの資格は、民間資格となり、マッサージをすることは認められていません。

しかし、街中には、もみほぐし屋さんや、温泉施設の癒し処 など色々なところでマッサージのようなことが行われてはいないでしょうか?
なぜああいった、マッサージのようなことが出来るのかというと、これらの場所で行っていることは実はマッサージではないからです。

メニューにももみほぐしのような表記でおそらく記載があると思われます。

ですので、マッサージ屋を開業したい場合は、あん摩マッサージ指圧師の資格が必要。
リラクゼーションや揉みほぐし屋さんを開業したい場合は、資格が不要ということになります。(※保健所への届け出や、開業届は必要です)

マッサージ師としての資格一覧

マッサージ師と名乗り開業する場合、前述の通り、あん摩マッサージ指圧師 という国家資格が必要です。
しかしそれ以外にも、取っておくとお客様へ提供するサービスの質が向上する民間資格があります。
質の向上は、サービス代金の向上にもつながりますので、是非参考にしてみてください。

国家資格

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、国家資格です。
受験資格を経て国家試験を受験し、合格してはじめて得ることができます。整体師やマッサージ師はあん摩マッサージ指圧師と似た職業ではありますが、国家資格ではなく、施術できる範囲や内容は異なります。

あん摩マッサージ指圧師の受験資格を得るには、高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣の指定する学校・養成施設で3年以上勉強する必要があります。

受験資格を得たら、東洋療法研修試験財団が実施するあん摩マッサージ指圧師の国家試験を受験します。毎年1回、2月に試験が実施され、同年3月に卒業見込みの方も受験可能です。

近年のデータでは合格率が80%を越えており、比較的高い合格率ではありますが、そもそもあん摩マッサージ指圧師の勉強ができる学校がさほど多くないため、学校への入学の段階で高い競争率をクリアする必要はあるかもしれません。

あん摩マッサージ指圧師として働ける職場は、主に治療院・病院といった医療分野、介護施設等の介護分野が主となります。その他には、エステサロン等の美容分野や、スポーツ分野などで活躍することも可能です。

民間資格

リンパリファインセラピスト

一般社団法人 国際セラピスト支援振興協会の指定校であるグローバルボディケア総合学院の通信講座を修了することで認定資格を取得できます。リンパリファインセラピストとは、一般社団法人国際セラピスト支援振興協会、およびグローバルボディケア総合学院が認定するリンパケアの民間資格です。

一般社団法人 国際セラピスト支援振興協会の指定校であるグローバルボディケア総合学院の通信講座を修了することで認定資格を取得できます。

AEAJアロマセラピスト

公益社団法人 日本アロマ環境協会が主催する民間資格になります。一般の方々にトリートメントやコンサルテーションを含めたアロマテラピーを提供できる能力を認定する資格です。
プロのアロマセラピストとして、あるいはボランティアとして、第三者にアロマテラピーを実践するために適した資格です。

認定スクールでアロマセラピスト必須履修科目を修了したうえで履修証明書を提出すると試験を受けることができ、合格すると資格が取得できます。

JREC 日本リフレクソロジスト認定機構資格

JREC 日本リフレクソロジスト認定機構資格は、JREC日本リフレクソロジスト認定機構が認定する資格です。
リフレクソロジーは、リラクゼーションのみならず、心身の不調の改善や、毎日の健康管理にまで対応することができます。ストレスの軽減とともに、血液やリンパの循環を促進し、自律神経を整えることで、人間が本来持っている自然治癒力を高めることができます。

JREC加盟スクールで所定のカリキュラムを修了し、JRECが主催するライセンス認定試験に合格したうえで会員登録をした方には、JREC認定のリフレクソロジーライセンスが授与されます。¥

ロミロミ

ロミロミは、ハワイに古くから伝わる伝統的なヒーリングマッサージです。

全身をリズミカルに刺激していくことによって、血液の循環を促進させ、人間本来の治癒力を高めると言われています。オイルなどを使用する場合が多く、リラクゼーションマッサージの一種としておこなわれることが多いです。

ロミロミ セラピストは、日本リフレクソロジー協会が認定する民間資格で、クイーンズウェイ リフレクソロジー・スクールのハワイアンロミロミカレッジコースを修了することで取得できます。

資格取得のメリット

  1. 技術を証明できる

資格が取得できるということは、ある一定の知識や技術を持っていることを証明することになりますので自信にもなりますし、資格は自分自身の施術のクオリティを証明できるものになります。

それと同時にお客様にも安心して施術を受けていただけるので、顧客増加やリピーターの増加にもつながるでしょう。

  1. できる施術の範囲が広がる

マッサージ関連の資格は様々ありますので1つ取得したらそれだけできる施術の幅が広がると言うことです。施術の幅も広があればその店でのスキルアップや転職にも有利につなげることができます。

開業届の提出

マッサージ屋に限らず新規開業するには、開業届が必要です。

最初に最寄りの税務署か、国税庁のホームページから開業届の申請書を取得します。
税務署の窓口で係の人に言えば無料でもらうことが可能です。
国税庁のホームページからも無料でダウンロードが可能なので、印刷して記入していきましょう。

同時に、青色申告の申請書ももらっておくようにしましょう。税金関係で一部優遇される場合もあり、申請自体も無料で行えるので、忘れずに申請しておきましょう。

申請書類が揃ったら、開業する市区町村の税務署の窓口へ提出します。開業してから1ヶ月以内に提出することが義務付けられているので、忘れないようにしましょう。

また、郵送での提出も可能なので、忙しい人はこちらを利用しましょう。

保健所に申請しよう

自治体によっては、マッサージ屋を開業するのにあたって、保健所への開設届の申請が必要となります。
各市町村によって申請方法や申請場所が若干異なる場合がありますので、各地域の管轄保健所に必ず確認しましょう。

まとめ

この記事ではマッサージ屋の資格やその特徴などについて解説しました。

今回は、マッサージ屋の開業にあたって必要な資格について解説しました。
マッサージ屋には、あん摩マッサージ指圧師(国家資格)の資格が必要ですが、リラクゼーションや揉みほぐしにはそうした資格は必要ありません。

適切な資格や申請をしっかりと確認し、適法な形での開業を是非実現してください。

この記事を書いた人
tol magazine

本格的な予約用のWebページが誰でも無料でかんたんに作成できるスマホアプリ『tol(トル)』制作チームが、予約に関する役立つ情報を発信しています♫

tol magazineをフォローする
業種別 開業
tol magazineをフォローする
tol magazine

コメント

タイトルとURLをコピーしました