【無料あり】パーソナルジムにおすすめの顧客管理システム5選!

業種別

コロナ禍で自身の健康に気を遣う人が増え、トレーニングだけでなく食事や生活習慣までマンツーマンで指導してくれるパーソナルジムの人気が高まっています。そんな話題沸騰中のパーソナルジムですが、しっかりとしたサービスを提供するためには、一人ひとり細かく顧客情報を管理しなければなりません。そこで今回はパーソナルジムにおすすめの顧客管理システムをご紹介します!

パーソナルジムとは?

パーソナルジムとは、お客様一人ひとりに対して、専属のトレーナーがつき、トレーニングをサポートしてくれるジムのことです。

ジムによっては、トレーニングだけでなく生活習慣や食事制限など、細かく管理・サポートしてくれるサービスも!

パーソナルジムは一般的なスポーツジムより価格が高い場合が多いですが、トレーナーが一人ひとりの理想や目標に合わせて、オーダーメイドでトレーニングのメニューを考えてくれれます。トレーニングを正しく効率的に行うことができ、短期間で結果が出ることが多いため「多少値段が高くても通いたい!」という方も増えており、人気が高まっています。

全国のパーソナルジム情報サイトRE:NOWによると、現在のパーソナルジムの店舗数は1500にもなると言われており、これからも増えていくようです。有名な大手パーソナルジムの例としては、ライザップ24/7Workoutなどが挙げられます。

パーソナルジムの顧客管理方法

パーソナルジムでの顧客管理方法として大きく分けて3つあります。

紙での管理

これは、タイトルの通り、お客様の情報を紙で管理する方法です。

初めにお客様に基本情報を記入してもらい、その内容を受けてお店側が情報を追加していくものになります。

この方法を一番多く見かけるのは病院など、カルテを必要とする場所です。

顧客情報を紙で管理することのメリットとして、

  • 初期費用がかからない
  • PCやスマホが不要なため老若男女問わず対応できる

が挙げられます。

しかしその一方で、紙で管理することによって

  • 保管しておくスペースが必要
  • バックアップが取れない
  • お客様情報を探す際に時間がかかる

などのデメリットも挙げられます。

紙とパソコンでの管理

2つ目は、紙とパソコンを両方使っての管理方法になります。

お客様に基本情報を紙に書いてもらい、その情報を後からお店側でパソコンに転記します。

メリットとしては、

  • お客様にデータ入力してもらう必要がない
  • 紙の情報のバックアップが取れる

ことが挙げられますが、その一方で

  • 転記する手間がかかる
  • データの転機先を自分で用意する必要がある

といったデメリットも挙げられます。

顧客管理システムでの管理

3つ目は、顧客管理システムを使った管理方法です。

お客様が直接情報を入力するものもあれば、

デメリットとしては

  • 初期費用、維持費用がかかる
  • インターネットに接続している必要がある
  • パソコンやタブレットなどのデバイスを用意する必要がある

などがあります。ですがその反面メリットもたくさんあり、最近は顧客管理システムを導入しているパーソナルジムも増えてきています。

メリットは以下で詳しく解説していきます。

顧客管理システムを導入するメリット

顧客管理システムを導入することで得られるメリットはたくさんあります。

顧客情報が管理しやすくなる

顧客管理システムを導入することで、情報が管理しやすくなります。

オンラインのクラウド上で顧客管理ができるため、情報を管理するためのスペースが必要なくなり、ジム内のスペースを有効活用できます。

また、顧客管理がしっかりとできることで、お客様対応のミスを減らすことができます。

例えば、似ている名前のお客様でも情報をしっかりと区別できたり、お客様の契約内容がご変更されても、変更歴や最新情報をすぐに把握できます。

作業の効率化

お客様の情報をクラウド上で管理することで、特定の顧客情報を検索しやすくなります。

これによって、欲しい情報を素早く正確に検索でき、作業の効率化が図れます。

お客様情報の照会に時間を取られてお客様をお待たせすることも無くなりますね。

顧客情報の活用が簡単に

顧客管理システムを利用することで、いただいたお客様の情報を活用しやすくなります。

例えば、前回の来店から日が経ってしまっているお客様や、次回の予約が近い方にはリマインドメールを送信したり、ジムのキャンペーンやお知らせなどを連絡したいという場合、顧客情報を一件一件調べていたら時間がかかってしまいます。

しかし顧客管理システムで情報を管理しておけば、こうした手間を省いたり、まとめて連絡をするといったことも可能になります。

顧客管理システムに必要な機能

そんな便利な顧客管理システムですが、導入時にチェックしておくべき機能について解説していきます。

顧客の個人情報の管理

これは顧客管理システムの機能において一番大切な機能になります。

基本的な個人情報としては名前、生年月日、住所、連絡先、などがあります。

それに加えて、過去に通っていたジムやトレーニング内容、アレルギーや疾患の有無、トレーニング時に気を遣ってほしいことなどが追加できると良いですね。

システムを選ぶ際には、顧客情報の入力欄に基本項目以外にも任意で項目を追加できるか確認してみると良いかもしれません。

顧客の過去を含めた契約メニューの管理

顧客の基本情報の他に、契約している現メニュー、過去に契約していたメニューなどを登録できる機能があると便利です。

この機能があることで、お客様のトレーニングの傾向やどれくらい継続してジムに通っているのかがわかり、効率的にメニューの提案ができます。

顧客情報に関する追加メモができる

初めに登録した顧客情報の他に、トレーニングをしていく中でお客様から得た新しい情報や、気づいたことなどを追加できる機能があると顧客情報の充実につながります。

顧客情報を充実させることで、パーソナルジムの利点であるお客様に寄り添ったより的確かつ最効率なトレーニングが可能になります。

また、前回のトレーニングなどの引き継ぎ事項なども記入できると、お客様との不要なやりとりなども省略でき、次回以降のトレーニングが充実したものにできます。

パーソナルジムにおすすめな顧客管理システム5選

STORES予約

STORES予約は、様々な業種に対応した予約システムアプリです。

初期費用、導入費用無料で始めることができます。

機能としては、予約が入った時点で顧客カルテが自動作成され予約や来店の履歴来店時の情報を記録ができます。さらに予約カレンダーの埋め込み、ネット決済、zoom連携や自動DMの配信機能などもあります。

フリープランライトプランスタンダードプランプラチナプラン
費用¥0¥8,778~(税込)¥26,378~(税込)¥66,000~(税込)
機能・予約可能数100件
・月額課金機能
・カード決済機能
・顧客管理機能
・予約可能数200件
・回数券
・フリープランの機能
・広告非表示
・メルマガ、DM配信
・所要時間の自由入力
・Zoom連携
・予約可能数2000件
・ライトプランの機能
・予約情報のカスタマイズ
・キャンセル待ち設定
・スタッフ指名予約
・予約忘れないでねメール、SMSの送信
・休憩時間や準備時間の設定
・シークレットページの作成
・アンケートのカスタマイズ
・予約可能数無制限
・スタンダードプランの機能
・管理者権限機能
・Google Analytics連携
対応端末iOS/Android/iPad/タブレット/PCiOS/Android/iPad/タブレット/PCiOS/Android/iPad/タブレット/PCiOS/Android/iPad/タブレット/PC

公式サイト

Bionly(ビオンリー)

Bionly(ビオンリー)はパーソナルジムフィットネスや美容サロン全般に向けて作られたものになります。

iPad専用アプリで、あまりパソコンの操作が得意でない人でも簡単に設定が行えます。

基本的な顧客管理POSレジ機能のほかに、電子カルテや電子手術同意書等の機能があります。電子カルテの顧客管理上にはトレーニングの写真や会話内容も記録できます。

BASICプランFREEプラン
導入費用1ヶ月の無料体験後、要問い合わせ¥0
機能WEB予約
スタッフ登録(無制限)
顧客登録(無制限)
予約数(無制限)
メニュー登録(無制限)
電子同意書
チケット機能
外部予約連携
分析機能 など
スタッフ登録(1名のみ)
顧客登録(制限あり)
予約数管理(制限あり)
メニュー登録(制限あり)
対応端末iPadiPad

公式サイト

KaruteKun(カルテくん)

こちらはパーソナル自分向けの電子カルテアプリになります。機能としては基本的な顧客情報の登録だけでなくカルテ内に写真を追加できたり来店記録作成機能もあります。また、予約受付やLINEレシート送信機能情報のLINE一斉送信の機能もあります。

基本プランLINE連携プランおひとり様プラン
月額費用¥11,000/1店舗あたり¥22.000/1店舗あたり¥5,500/1人
機能カルテ管理
予約台帳
会計管理
予約受付
検索機能
レポート機能
店舗分析
スタッフ分析
顧客分析
LINE連携
カルテ管理
予約台帳
会計管理
予約受付
検索機能
レポート機能
店舗分析
スタッフ分析
顧客分析
カルテ管理
予約台帳
会計管理
予約受付
検索機能
レポート機能
店舗分析
スタッフ分析
顧客分析
対応端末iOS/Android/iPad/タブレット/PCiOS/Android/iPad/タブレット/PCiOS/Android/iPad/タブレット/PC

公式サイト

SOSIA POS SALON

こちらはPOSレジシステムに顧客管理機能が付いたものになります。顧客情報の中には写真や画像を記録できます。また、顧客管理機能の中にはレンタルウェアロッカー等の管理、トレーニングコースの管理、チケット管理、トレーナーの稼働時間の管理なども含まれています。

スタンダードプランプロフェッショナルプラン
費用初期費用(¥30,000)+¥8,000初期費用(¥30,000)+¥14,800
機能・売上管理
・予約管理
・顧客管理
・売上分析
・顧客分析
・勤怠管理
・メール配信
・スタッフヘルプ
・オプション機能(有料)
・売上管理
・予約管理
・顧客管理
・売上分析
・顧客分析
・勤怠管理
・メール配信
・スタッフヘルプ
・オプション機能(有料)
対応端末iOS/Android/iPad/タブレット/PCiOS/Android/iPad/タブレット/PC
※最低期間1年間(12ヶ月)の契約となります。 ※税別表記です。
※初回契約時、導入サポートパック¥70,000が必須となります。

公式サイト

tol(トル)

こちらはスマートフォンやタブレット向けの予約システムアプリになります。機械の操作が苦手な方でも簡単に3分で予約サイトが作れます。アプリ内の中に顧客情報の管理機能も含まれています!無料で始めることができるので、まずはインストールして操作してみるだけでもOKです。

StarterプランBusinessプラン
導入費用¥0¥3,180〜/月
機能ネット予約機能
予約管理機能
ネット決済機能
各種メール自動送信機能
承認制予約の受付
予約受付プッシュ通知
予約ページのQRコード生成
Starterプランの機能
オプションメニュー機能
オリジナルメール設定
予約ブロック機能
オリジナルロゴ設定
SNSリンク設定
顧客・予約データのCSV出力
顧客管理機能
対応端末iOS/AndroidiOS/Android

公式サイト

まとめ

いかがでしたか?

今回はパーソナルジムにおすすめの顧客管理システムについてご紹介しました。

パーソナルジムはお客様とトレーナーのマンツーマンで行われるものであるからこそ、顧客管理システムには情報のセキュリティ管理がしっかりと徹底されており、かつ内容も充実したものであることが求められます。

自分のお店にあった顧客管理システムをしっかりと見極めて最適なシステム導入を目指しましょう!

この記事がパーソナルジムで顧客管理システムの導入を検討されている方の少しでも参考になったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました