【例文あり】サロンの来店を促すメールの書き方!リピーター作成に効果的なポイントを解説

ノウハウ

来店していただいたお客様へ、また来店していただけるように、DMやアフターフォローとしての電子メールでのメルマガ送付などがよく行われています。

来店を促す方法として、数ある中でも、今回は電子メールを使った場合の効果的なメールの書き方を解説します。

効果的にメールを送ることで、お客様との繋がりを維持し、リピーター獲得にも繋げることができます。

メールならではなメリットや、工夫すべきポイント、例文についてご紹介します。

電子メールで来店を促すメリット

一人一人に合った内容を発信できる

手紙やハガキでDMを作成すると、ほとんどの場合が印刷の兼ね合いで文面が定型文になってしまいます。

また、同居している家族に内容を知られたくない方もいらっしゃいます。

そんなときでも、メールを使えば確実に一人一人のお客様へお送りすることができます。

内容を簡単に変えることができ、一斉送信や画像の添付もできるます。

低コストで多くの人へ発信できる

DMでは、ハガキや手紙を購入し、数多く印刷を行う必要があります。
ハガキや手紙を購入したり、発注を行うとさらに費用が増します。

でも、メールなら無料でも使うことができ、一斉送信で多くの人へ情報発信ができます。

開封率などの分析ができる

また、メールツールを使えば、メールを開封したかどうかの確認もできます。
開封が多かったメールの文面や、送る日時や曜日などの分析もできます。

無料で使えるツールもあるので、有効活用してより効果的なメールの送信をしましょう。

来店を促すメールの書き方

自分だけに送られている特別感を出す

全員に同じ文章を送るのではなく、そのお客様一人に送っているように感じられる特別感を出すことがとても重要です。

お客様の名前を表記し、そのお客様の特徴に合った文面を出し、自分だけに送られていると思っていただけるような工夫が大切です。

来店したときのことに触れる

お客様が来店したときのことに触れることで、先述したような特別感を出すこともできますし、お客様に「自分のことを覚えていてくれるんだ」と思っていただくことができ、丁寧で手厚く対応をすることができます。

お客様との会話で印象に残っていることや、利用したサービスについての話題を取り上げると、お客様に喜んでいただけます。

担当者名を入れる

店舗名だけでなく、来店時に対応した担当者の名前を入れておくと、一気に温かみのあるメールになります。

一斉送信で送っている感を払拭でき、お客様と接した担当者からのメールであれば、メール自体に対する怪しさも減らし、親近感を持ってもらいやすくなります。

お客様に合ったメニューを具体的に提案する

キャンペーンのメニューや値下げしているサービスを、相手が誰であっても御構い無しに一斉に送ってしまっては、来店促進に繋がることができません。

お客様の特徴や、以前に利用したサービスを元に、おすすめするサービスやクーポンをご案内しましょう。

その際、このメニューを利用することで何が改善されるのかなど、できれば具体的に提案すると良いです。

送信するタイミングを見極める

メールを送信するタイミングにも気を配る必要があります。

高い頻度で送り続けると、鬱陶しいと思われたり、メールツールによっては迷惑メールと判断されてしまいます。

来店したら、1週間以内にアフターフォローを入れましょう。施術後の調子を確認したり、来店時のお客様とのエピソードに触れたメールを送りましょう。

その後に送る際は長くても1ヶ月ほどあけてから送り、しばらく来店されないお客様は休眠顧客として、3ヶ月〜1年ほどあけてメールを送りましょう。

また、それ以外にも誕生日メールや来店記念メールなど、送るタイミングが決まっているメールの送付も忘れずに行い、これらのメール送付タイミングも考えながら送ると良いです。

来店を促すメールの例文を紹介!

初めて来店したお客様向け例文

◯◯様

このたびはご来店いただき誠にありがとうございました。
担当させていただいた▲▲です。
今回のネイルデザイン、とても◯◯様にお似合いでした♪

◯◯様が悩まれていた爪の補修におすすめなネイルケアメニューをご紹介させていただきます。
次回来店時に40%オフでご利用いただけますので、ぜひご利用ください♪

===============================
ネイルケアメニュー ¥7,800 → ¥4,680
〜(略)〜
===============================

この頃寒くなってきましたので、お体にお気をつけてお過ごしください。
××のお話とても興味深く楽しませていただきました。次にお会いするときまたぜひお聞かせください♪
では、またお会いできるのを楽しみにしております!

定期的に来てくれているお客様向け例文

◯◯様

先日はご来店いただきありがとうございました。
その後の髪の調子はいかがでしょうか?
お困りのことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。

また、新しいヘアスタイルを維持するのに効果的なケア方法やサロン限定商品を紹介していますので、よろしければ参考にしてみてください。

================================
毛先のケア方法
1.〜〜
2.〜〜

毛先ケアにおすすめのトリートメント
〜〜
================================

しばらく来店していないお客様向け例文

◯◯様

ご無沙汰しております。
最近はいかがお過ごしでしょうか?

そろそろお身体の疲れが溜まってきている頃ではないでしょうか。
立ち仕事で疲れがたまりやすいとお話されていたので、◯◯様にぴったりなメニューをご紹介いたします♪

===============================
フットマッサージ 70分コース ¥7,800
〜(略)〜

===============================

まとめ

メルマガやアフターフォローは、一度来ていただけたお客様との繋がりを維持し、リピーター獲得にも繋がります。

また来店していただくためには、

  • メール送信タイミングに気を配る
  • お客様の名前、担当者名をいれる
    お客様へ特別感を出す
  • 具体的なメニューやキャンペーンの提案をする

これらのポイントを抑えるのが大切です。

DMや手紙にはない、メールならではのメリットを活用し、お客様が絶えないお店作りをしていきましょう。

この記事を書いた人
tol magazine

本格的な予約用のWebページが誰でも無料でかんたんに作成できるスマホアプリ『tol(トル)』制作チームが、予約に関する役立つ情報を発信しています♫

tol magazineをフォローする
ノウハウ
tol magazineをフォローする
tol magazine
タイトルとURLをコピーしました